国の補助金制度「こどもみらい住宅支援事業」

こんにちは!八戸市のリフォーム専門店フジケンザイです。

今回は最新補助金制度「こどもみらい住宅支援事業」

について説明したいと思います。

リフォーム補助金制度「こどもみらい住宅支援事業」

「こどもみらい住宅支援事業」とは?

子育て支援及び2050年カーボンニュートラルの実現の観点から、

子育て世帯や若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する

新築住宅の取得や住宅の省エネ改修等に対して補助することにより、

子育て世帯や若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、

省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る事業です。

これだけ読むと、子育て世代に関係ある補助金だと思われがちですが、

そんなことはありません!

子育て世代だとさらに優遇されるというだけで、

対象工事であれば誰でも使える補助金です。

次の①~⑧に該当するリフォーム工事等を対象とします。

① 開口部の断熱改修

窓交換・二重窓・窓リフォーム

窓交換(断熱性の優れた窓)

内窓や外窓の設置(断熱性アップ)

玄関交換(断熱性アップ)

② 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

床の断熱工事・断熱リフォーム

外壁の工事(断熱性能アップ)

屋根の工事(断熱性能アップ)

天井の工事(断熱性能アップ)

床の工事(断熱性能アップ)

③ エコ住宅設備の設置

節水トイレ・トイレリフォーム

【エコ住宅設備】

太陽熱利用システム

節水型トイレ(今のトイレはほとんど節水型です)

高断熱浴槽(今のユニットバスはほとんど高断熱浴槽です)

高効率給湯機(今の給湯器はほぼそうです)

節湯水栓(今の水栓はほとんど節水タイプです)

④ 子育て対応改修

食洗機リフォーム

(i) 家事負担の軽減に資する設備を設置する工事

【対象設備】

ビルトイン食器洗機

掃除しやすいレンジフード

ビルトイン自動調理対応コンロ

浴室乾燥機

宅配ボックス

⑤ 耐震改修

耐震工事・耐震改修

旧耐震基準により建築された住宅を、現行の耐震基準に適合させる工事を対象とします。

⑥ バリアフリー改修

バリアフリー工事・手すり設置

 【対象工事】

手すりの設置

段差解消

廊下幅等の拡張

ホームエレベーターの新設

衝撃緩和畳の設置

⑦ 空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置

空気清浄機エアコンリフォーム工事

空気清浄機能・換気機能付きエアコン

(対象内容は確認をお願いします)

⑧ リフォーム瑕疵保険等への加入

リフォーム保険

国土交通大臣が指定する住宅瑕疵担保責任保険法人が

取り扱うリフォーム瑕疵保険及び大規模 修繕工事瑕疵保険を対象とします。

子育て世代は上限60万円まで

1戸あたり30万円が上限ですが、子育て世代の場合は上限金額が引き上げられます。

※子育て世代・・・2003年4月2日以降に出生した子を有する世帯

現金が支給されるわけではない(値引き)

補助金は全て工事代金として、代理で申請を行ってくれる

工事請負会社(リフォーム会社)に直接支払われますので、

リフォーム代金が値引きされるということになります。

申込期間は開始している

契約期間

2021年11月26日~2022年10月31日まで

着工期間

~2022年10月31日まで

2023年3月31日までに

延長になりました!

国の予算が無くなり次第終了

期限内であっても、予算が無くなり次第、

補助金制度は終了してしまいますので、

リフォームを検討されている場合は、早めにお願いします。

※尚、制度内容は変更される場合がありますので、

その都度内容の確認をお願いします。

補助金制度のお問合せはこちらへ